僻地中心

今日の映画





突然列車内で目覚めるショーン
彼の乗る列車は目覚めて8分後に爆発する
ドカーン!・・・ん?あれ?

日本未公開 ということでここでしか見れない?
あれ?どこかであった設定?って感じだけどすごくいい映画だと思う
消される前にぜひ見て欲しい。というか日本で公開しろ
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

昨日の回答




[READ MORE...]

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

今日の宿題~ねこを探せ



up6380.jpg


ちょっと画像大きすぎた

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

今日のがっかり('A`)



CMの謳い文句に「モンドセレクション金賞受賞!」
とかあるの聞いたことないですか?

あれって別に賞じゃないらしい

ぐぐったらスウェーデンかどっかの食品審査みたいなので
お金を出せば簡単に審査してくれるらしいです

国際的には無名でなぜか日本では流行っているらしく
出品物の半分が日本からのものとwikiにかかれてました

確かにモンドセレクションって生まれてこのかた、
数多ある商品のCMで吹聴されてましたけどなんなのかよく知らなかった

例えるならお金出せばもらえる免許やら資格みたいなもんかな
とりあえず60点とれれば銅賞なんだってさ
別に競う相手はいないから金賞の商品もいっぱいあるということですね(´・ω・`)

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

今日の癒し系





剥いてしまうだけ?結構昔の作品らしいけど知らなかった

調べたところジュゴンっていうキャラらしい
やわらか戦車の人の作品だった
デスクトップのあれこれがDLできるようです
http://www.geocities.jp/jugongordie/download/yellow.html

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

暇なときに見ると面白いかも。地上波ではできない内容
ジュースのくだりがこわいです><

http://youtu.be/pWvepQSQ750
5/6だけニコ http://www.nicovideo.jp/watch/sm10153940

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

今日のトワイライトゾーン





まったり見ております たぶんニコニコでしか見れないのでは…
ちょっとこのエピソードはぐっときたのでおすすめしときます
この番組は世にも奇妙な物語の元ネタらしい

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

http://www.gamedesign.jp/flash/yomi/yomi.html

漢字読み方テスト(全角にしましょう
10回くらいやって平均的に詰まるところがあなたのレベル
っていうか難しくね?自分はレベル3くらい
レベルに関わらずわかんないものはわかんないです

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

今日のジャケット

LPやCDのジャケットはその音楽の顔とも呼べるくらい重要です
日本ではあまり知られてないですが
海外ではアートワークだけに専門の人がついていたりします

有名所ではPink Froydやking Crimsonのジャケ
やはり昔の方が自由度が高かったせいか
最近のよりも様々な趣向が見られます

印象的なものを1つあげるとしたらこれ

612mHCcRQIL.jpg

どこかで目にした話しではなにかの抗議で
僧が焼身自殺をはかった瞬間の写真だそうな

パッと見生々しさを感じさせない
ぎりぎりのとこを保っている気がします

他にもショットガンで自殺した現場の写真のジャケとかありましたが
あれはガチすぎてグロかったのでNG
[READ MORE...]

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

今日の歌





マカロンを知らない人がマカロンの歌をつくるとこうなる

上の黒い部分が特においしいとか
大きいから歩いて食べるのは難しいとか
ぜんぜん違うからwww

ニーネというグループの曲が元らしい

これはボカロver. 絵はマシュマロ通信書いてる先生
曲と動画編集と絵で担当3人くらいで作ったそうな
忙しそうな絵師さんもこういうことやってくれるんだなw

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

今日のヒヤリ

ttps://jj.jp.msn.com/jj/chintai/shosai/FR301FD001.do?ar=080&bc=000090335350&bs=040
ttps://img01.suumo.com/front/gazo/fr/bukken/350/90335350/90335350_6o.jpg

1番目のURLの物件の6番目の写真が差し替えられてるのは
下のURLにそういうものが写りこんでしまったかららしいです

なにかがそう見えるんだろと思ったけど
空き家だから物をしまってることもないだろうし、
現に1番目のURLの写真は全開してる写真もあるし

髪の毛が垂れてるような形と少しの肌色だけであとは脳内補完されてしまう
あと田舎なのか結構安いんですねこの部屋…

っていうか載せる前に気づけと。ネタであってほしい

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

最近いろいろやりたいことが多くなって逆になにも手につきません
気がつけば朝がきて夜がきています

うーむ

こういう時はぜんぜん関係ないことやってみるべきですかね
突然あてもなく県外脱出してみるとか野良猫を尾行するとか

あ、映画の方は割と見まくったのでもう欲が消えました( ´Д`)=3



映画感想記



テルマ&ルイーズ

仲の良い友達とちょっとした旅行に行き
休憩がてら寄ったバーでめんどくさい男に
絡まれて殺してしまったのが運の尽き

開き直ってそのまま逃亡の旅を続けるというロードムービー

ごく普通の感覚の人間が犯罪を起こしてしまったら…
っていうのがなんだかリアルだった

ラストがすごく印象的 ☆3
バニシング・ポイントやイージーライダーのようなニューシネマっぽい終わり方



UーBOAT

ながら作業で見てたのでストーリーはぼんやり
それよりも潜水艦の中の息苦しさがやけにリアルに描かれていました

敵艦に絶望的な被害を与えられて修理に奔走するシーンは
見てるこっちもハラハラさせられます(修理できない=死みたいな部分もある

精神をやられて持ち場を離れたクルーの目がやばかった

キャプテン率いるクルーたちは無事に目的地にたどり着けるのか? ☆4



ミッドナイトラン

ロバートデニーロ扮する賞金稼ぎはターゲットを捕まえるが
FBIや同業者、ターゲットを狙う別の組織に追われる
飛行機車鉄道と護送の途中でターゲットを取られ取り返し…

銃バンバン車ボカーンってなるわりに
音楽とか振る舞いは漂々としていてなんか明るい
夕暮れの土手で殴り合って、
お前…強いな… ああおまえもな的なラストもすごく良かった

こんなにいい映画があるのにいまの地上波は最近の大作しかやらないよね
これもロードムービーっていうのかな ずっと移動してます ☆4



ブルーベルベット

ミステリー?伏線やメタファー好きなデビッドリンチ監督の映画
主人公はある日通りかかった野原で人間の耳を拾う
それを警察へ届けるとこの件に関してはすべてが片付いたら
いずれあなたにもお話するからそれまでは
なにも聞かずこのことも忘れてくれと言われてしまう

とまあフラグですね
その後自分で首を突っ込んでしまって
異常な世界を目の当たりにしてしまうという

耳を拾うというつかみはOKなんだけど
同監督のマルホランドドライブやロストハイウェイに比べると
やや物足りない感じがするかもしれません

OPとEDが繋がってそうなのはお得意の演出ですね ☆3



ハリーとトント

これもロードムービー?
年老いたじじいとねこが立退きを迫られ部屋を追い出される
その後息子のうちに引き取られるも嫁と折り合いが悪く家を出る
そこからはシカゴを目指し道連れを
とっかえひっかえマイペースな旅が始まる

行く宛もたいして重要でもない旅はなんだかのんきに見える
なにかとトントを気にする描写があってリアルです
毎日忙しく過ごしている人にみてもらいたい作品

それにしてもトントを見てると近所のネコを思い出します
紐でつながれてるネコ。
嫌じゃないのかなと思ったけど
本人は子猫のころから紐の生活だから
べつにそこに疑問を抱いてないんですよね

旅は道連れ 出会ったり別れたり 人生もひとつの旅 ☆5



マッチスティックメン

潔癖症の詐欺師は精神安定剤を排水口にぶちまけてしまう
再処方してもらおうとするも主治医は夜逃げ
別の医師に薬を出してもらうついでにセラピーを受ける
その過程で医師から別れた妻と娘に電話を取り次いでもらう

妻はいまだ絶縁状態だったが娘とは会えることになる
その数日後自宅に娘が家出してくるが潔癖症の彼には
他人を家に入れることすら厳しいものがあった・・・

最初は松本大洋の花男を彷彿としました
守るものができてしまうと犯罪ビジネスはできないんだなー
と思いきや…最後は悪銭身につかずって感じ

エイリアンとかテルマ&ルイーズのリドリー・スコット監督の作品 ☆5



ミリオンダラーベイビー

取り込んどいたものの見るのを忘れてた

前半と後半ですごく映画の趣旨が違うww
後半を書くとネタバレになりますが前半は
プロボクサーを目指す女性がある日ジムにやってきて
そこで名コーチの指導を受けタイトルマッチを目指すというもの

ボクシングはそんなに興味があるわけではなかったのですが
へなへなパンチからKOできるまでの成長につい見惚れてしまった
で、問題の後半になるんだもん。さすがクリントイーストウッド作だと思った

ダンサーインザダークは悲劇+ミュージカルで映画として
感想しようがなかったけどこれは普通に悲劇。正直誰得だと思うw

同監督ならパーフェクトワールド、グラン・トリノの方がまだなにか残るものがある ☆2



トゥルーマンショー

トゥルーマンという人がいて平凡な日常生活を送っていました
ある日とある女性にあなたの周りはすべて偽物と言われ、
その女性は突然現れた男性に連れ去られてしまいます
そうして彼は彼を取り巻くすべてに疑念を抱くようになってしまったのです

誰しも自分以外の人間は何も考えていないロボットではないかとか
自分の行動は逐一隠しカメラやら衛生やらで監視されているのではないかとか
妄想したことがあると思います。あれです

ジム・キャリーといえばこれかマスクが有名ですが
見たことなかったので面白かった。流れもシンプルだし ☆3

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

映画感想記(そろそろ見たい映画も底をついてきた



コンクリート

邦画。その内容から上映を中止する運動がされたり、
大手レンタル店におかないようにとのお達しが出たりしたらしい

実話をもとにしている映画ですがそれにくわえて
えらい生々しい撮り方をしているので見ていてつらかったです

DQNが女子高生を監禁するお話。ギニーピッグシリーズを少し彷彿とした☆2



インシテミル

心理実験と呼ばれる高時給のバイトに集まった面々

7日間だけ一つ屋根の下に閉じ込められるのだが
そこではあらかじめ倫理的に反する状況が
生まれるかもしれないとの断りがあった

邦画。一時期邦画しか見ない時がありましたが
それに期待するものはシュールなミニシアターっぽいものだったりする

こういうSAW的シチュエーションの映画なら山ほどあるし、
ましてそれを邦画でやるのはいかがなものかと。やはり演出や展開的にいまいち
邦画は日本らしさで勝負したものがいい

ソフトバンクのお父さんの声の人が出てます ☆2


キック・アス

普通の学生(オタク気質)がスーパーヒーロー(自称キック・アス)になる。
と思いきや、ガチスーパーヒーローと出くわしてしまって…

最近の映画の中ではかなり評判がいいらしいです
特にヒットガールのキレのあるアクションシーンは見ていて気持ちいいです
しかし、あえて悪いところもあげさせてもらえばBGMが自己主張しすぎな感じがあった
マトリックスみたいな音楽だったらさらにかっこよかっただろう。と思う

見た後キック・アスというタイトルに疑問を抱く
ほとんど見せ場はヒットガールだもん
普通にケツを蹴っとばせっていう意味なのかな ☆4



キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン

レオナルド・ディカプリオ扮する詐欺師とトム・ハンクス扮するFBIの話
ルパンと銭形みたいな感じなのかしらと思ってたけど違った
どっちかっていうと詐欺師の半生とか小切手詐欺の手口とかを見せる感じでした

時には操縦士補佐 時には医者 時には弁護士
実際の業務に関する知識とかないだろうによくばれないで居座り続けれるもんだと思う
あの度胸と機転があれば普通に良い人生送れそう ☆3



ジョーズアパートメント

ジョーズではないです。ジョーのアパートです
たまたま住んだ部屋が超おんぼろで不潔な場所だった
そこには先住者がいた。ゴキブリという名の…(超大量)

なぜかジョーも少々の不潔では動揺しない性質で
なんだかゴキブリたちと上手くやっていってしまう

ちなみに人語話し解するゴキブリ
見てると案外そこら辺のゴキブリも気のいいやつらかもしれないと思ってしまう

ベイブとかスチュアートリトルに負けてない!(量では)
ゴキブリミュージカルコメディ ☆4



ゾンビーノ

人類はゾンビを支配下に置くことに成功した
ゾンビ調教首輪をつければ人肉を食べたいという欲求を消すことができ
1家に1匹、ゾンビを家庭のお手伝いさんにできる時代がきたのだ!
しかしたまに首輪の不良でゾンビが人を襲う事件が発生する

そんな太平の世、ゾンビに襲われる事件が発生しても
大してみんな騒がないという不思議な世界観

ゾンビものにしてはゆるすぎる雰囲気
元は人間なのにペットのような扱いしちゃってなんかかわいそう
かといってもう自我らしいものもないんだし付き合い難しそうだよね
ティミーとお手伝いゾンビの友情物語 ☆3



マチェーテ

デス・プルーフ、プラネット・テラーにはまった人向け
確かプラネット・テラーの中でなんちゃって予告があったはず
まさか現物化してくるとは・・・

至高のB級シチュエーションで撃ったり斬ったりバイオレンス
主役が悪役っぽい顔立ちなところも最近の映画ではない感じで素敵

ストーリーを簡単に書くとハメられて追われるでも返り討ちというそんだけなのだが
それよりも演出や描写を楽しむグラインドハウス的な映画

主役をとりまく役者の面々を見たらたぶん驚きます ☆4

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

今日の面白かった映画



they live

カッコ悪いサングラスを拾った主人公
試しにつけてみると街の看板や本には
「服従せよ」「眠り続けろ」と書かれている!
外してみると普通の看板に本。街の人も見てみると
骸骨みたいな顔をしたやつが混じっている・・・

顔を見分けるやつがいる…

謎の存在たちにばれた主人公!
クロコダイルハンターのスティーブ・アーウィン似!

実はこの世界はすでに別の存在に牛耳られていて
生粋の地球人は労働者(奴隷階級)になっているかもしれませんね…
っていう映画

遊星からの物体Xとか撮った監督らしい
終わり方も昔ながらのあっさり後味で良かった ☆5



DAY OF THE DEAD

まーたゾンビものですかー^^
ゾンビ映画といえばB級臭のするものが少なくなく、
もはや定番のジャンルですがなかなか良かった

だいたい見た後がっかりするんですが
これは山場もしっかりしててわりと最後まで集中して見れました

悪く言えばお手本にしたがって作ったようなものかもしれないけど。

菜食主義者の恋するゾンビが出てきます ☆3



エネミー・オブ・アメリカ

とある政治家が暗殺される瞬間を偶然映像として収めてしまった
その映像データをめぐる逃亡劇

やだ…なんか政治くさくて見づらそう…
と思ったけど逃げまくるアクションだった

強大な力を持っているやつはなんでもできるよな…they liveもそんなんだったけど

この事件自体は架空のものだけどケースとしては実際に水面下で起こってるよねこれ
これに登場する傍受システムもほんとにあるとかないとか

とりあえず映画に出てくる黒人さんはいい人っていうイメージ ☆3



未来世紀ブラジル

この映画ぜんぜん知らなかったんだけど超有名なテーマ曲ですよね
80年代の映画人たちが描いた架空の未来でのお話し

正直ストーリーはむにゃむにゃだったけど雰囲気は最高だった
レトロモダンっていうんでしょうか。古臭い新しさ?に囲まれた世界観

ちょっと裸のランチっぽい混沌とした映画
トータルリコールとかブレードランナーとか好きな人はいいかも ☆3


テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記


Copyright © 僻地中心 All Rights Reserved.Designed by WAREHOUSE. Powered by FC2 Blog